2013年04月25日

第22回日本映画プロフェッショナル大賞決定

第22回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)の個人賞、及びベストテンが決定しました。
授賞式イベントはテアトル新宿にて6月15日(土)に開催の予定です。

SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者

★2012年度日本映画プロフェッショナル大賞 ベスト10
第1位 SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(入江 悠監督 奥野瑛太主演)
第2位 アウトレイジ ビヨンド         (北野 武監督 ビートたけし主演)
第3位 愛と誠              (三池崇史監督 妻夫木聡・武井咲主演)
第4位 おだやかな日常             (内田伸輝監督 杉野希妃主演)
第5位 ライク・サムワン・イン・ラブ(アッバス・キアロスタミ監督 奥野匡主演)
第6位 ヒミズ            (園 子温監督 染谷将太・二階堂ふみ主演)
第7位 黄金を抱いて翔べ       (井筒和幸監督 妻夫木聡・浅野忠信主演)
第8位 11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち (若松孝二監督 井浦新主演)
第9位 この空の花 長岡花火物語       (大林宣彦監督 松雪泰子主演)
第10位 おおかみこどもの雨と雪        (細田 守監督 アニメーション)

★2012年度日本映画プロフェッショナル大賞 個人賞
作 品 賞 SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
       (製作=アミューズ・ノライヌフィルムほか/監督=入江悠)
監 督 賞 若松孝二(「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」「海燕ホテル・ブルー」)
主演男優賞 井浦 新 (「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」「かぞくのくに」)
主演女優賞 前田敦子 (「苦役列車」)
新人監督賞 三宅 唱 (「Playback」)
新進プロデューサー賞 杉野希妃(「おだやかな日常」)
特 別 賞  銀座シネパトス(長年の功績に対して )
特 別 賞  大谷直子 (「希望の国」、及び長年の功績に対して)

 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト

2012年05月10日

第21回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式イベント

第21回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)の授賞式イベント&特別オールナイト上映の日程と詳細が決まりました。
今回の授賞式イベントはテアトル新宿にて5月26日(土)に開催されます。

監督失格ニンゲン合格さよならみどりちゃん

【第21回日本映画プロフェッショナル大賞 授賞式イベント&特別オールナイト上映】
▽開催日=5月26日(土)/ 開場=午後9時30分
▽会場=テアトル新宿(新宿3丁目・伊勢丹新館隣)
▽開演=午後9時45分。〜午後10時55分まで授賞式
▽映画上映=午後11時10分から(上映終了は27日午前4時50分頃)
▽入場料金=2,800円均一 
▽チケット販売=前売券(全席指定制・立ち見あり)がチケットぴあにて販売
 [Pコード:559-907]/ 電話予約:音声認識予約(0570-02-9999)
 ※指定席券・お立見券共に完売しました。当日券の販売はございません。
▽第21回日プロ大賞授賞式 受賞者
☆出席者=榮倉奈々、西島秀俊、庵野秀明プロデューサー&平野勝之監督、
        アミール・ナデリ監督、大根仁監督、前田弘二監督、
        千葉善紀プロデューサー、緑魔子
☆司会=大高宏雄(映画ジャーナリスト、日プロ大賞実行委員長)
 総合司会=伊藤さとり(映画パーソナリティ)
※登壇ゲストは当日の状況により予告なく変更・追加となる場合がございます。
▽上映作品
 西島秀俊が今回の日プロ大賞で3回目の主演男優賞受賞を果たしたのを記念し、第21回日プロ大賞ベスト1作品「監督失格」と共に、西島秀俊の日プロ大賞受賞代表作2本のレトロスペクティヴ上映を実施します。
★「監督失格」(2011年 / 111分)
 ※第21回日プロ大賞作品賞・ベストテン第1位
 監督・原案・撮影:平野勝之 / プロデュース:庵野秀明 / 音楽:矢野顕子
 出演:林由美香、小栗冨美代、平野勝之、カンパニー松尾
★「ニンゲン合格」(1998年 / 109分)
 ※第9回日プロ大賞主演男優賞=西島秀俊・日プロ大賞第4位
 監督・脚本:黒沢清 / 撮影:林淳一郎 / 音楽:ゲイリー芦屋
 出演:西島秀俊、役所広司、りりィ、麻生久美子、菅田俊、哀川翔、大杉漣
★「さよならみどりちゃん」(2004年 / 98分)
 ※第15回日プロ大賞主演男優賞=西島秀俊
 監督:古厩智之 / 原作:南Q太 / 脚本:渡辺千穂 / 撮影:池内義浩 / 音楽:遠藤浩二
 出演:星野真里、西島秀俊、松尾敏伸、岩佐真悠子、佐藤二朗、おかやまはじめ、佐々木すみ江

▽主催=日プロ大賞実行委員会
▽問合わせ=テアトル新宿(電話03-3352-1846)

CUT

 [ORICON STYLE
 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト

2012年04月21日

第21回日プロ大賞「CINEMA TOPICS ON LINE」「シネマトゥデイ」「ORICON STYLE」「映画.com」「エンタメ〜テレ」「JC-NET」「allcinema」で紹介

第21回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)のベスト10&個人賞詳細が各映画サイトで紹介されております。いつもありがとうございます。

監督失格アントキノイノチ東京公園恋の罪まほろ駅前多田便利軒
奇跡歓待軽蔑劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ婚前特急

 [CINEMA TOPICS ON LINE
 [シネマトゥデイ 映画ニュース
 [ORICON STYLEニュース
 [映画.com
 [エンタメ〜テレ 最新映画ニュース
 [JC-NET
 [allcinema
 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト

2012年04月17日

第21回日本映画プロフェッショナル大賞決定

第21回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)の個人賞、及びベストテンが決定しました。
授賞式イベントはテアトル新宿にて5月下旬から6月上旬にかけて開催の予定です。

監督失格

★2011年度日本映画プロフェッショナル大賞 ベスト10
第1位 監督失格      (平野勝之監督 林由美香主演)
第2位 アントキノイノチ  (瀬々敬久監督 岡田将生・榮倉奈々主演)
第3位 東京公園      (青山真治監督 三浦春馬・榮倉奈々主演)
第4位 恋の罪       (園 子温監督 水野美紀主演)
第5位 まほろ駅前多田便利軒(大森立嗣監督 瑛太・松田龍平主演)
第6位 奇 跡        (是枝裕和監督 前田航基・前田旺志郎主演)
第7位 歓 待        (深田晃司監督 山内健司・杉野希紀主演)
第8位 軽 蔑        (廣木隆一監督 高良健吾・鈴木杏主演)
第9位 劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
                 (入江 悠監督 二階堂ふみ・森下くるみ主演)
第9位 婚前特急      (前田弘二監督 吉高由里子主演)

★2011年度日本映画プロフェッショナル大賞 個人賞
作 品 賞    監督失格
          (製作=カラー・コイノボリピクチャーズ/監督=平野勝之)
監 督 賞    アミール・ナデリ (「CUT」)
主演男優賞   西島秀俊 (「CUT」)
主演女優賞   榮倉奈々 (「東京公園」「アントキノイノチ」)
新人監督賞   大根 仁 (「モテキ」)
新人監督賞   前田弘二 (「婚前特急」)
特 別 賞    千葉善紀 (「恋の罪」の製作に対して)
功 労 賞    緑 魔子 (「軽蔑」の演技と長年の功績に対して)

監督失格CUT

 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト

2011年06月02日

2011年05月31日

第20回日本映画プロフェッショナル大賞決定

第20回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)の個人賞、及びベストテンが決定しました。今回は、報知映画賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールの各受賞作品、個人賞以外から選出。
第20回は授賞式イベントは行いませんが、第20回記念として映画『軽蔑』のチャリティー特別試写会を角川シネマ新宿にて開催することでこれに代えさせていただきます。
廣木隆一監督と主演俳優によるティーチインあり!


川の底からこんにちは

★2010年度日本映画プロフェッショナル大賞 ベスト10
第1位 川の底からこんにちは (石井裕也監督 満島ひかり主演)
第2位 へヴンズ ストーリー (瀬々敬久監督 寉岡萌希主演)
第3位 ヒーローショー (井筒和幸監督 後藤淳平主演)
第4位 ゲゲゲの女房 (鈴木卓爾監督 吹石一恵主演)
第5位 春との旅 (小林政広監督 仲代達矢主演)
第6位 イエローキッド (真利子哲也監督 遠藤要主演)
第7位 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (大森立嗣監督 松田翔太主演)
第8位 海炭市叙景 (熊切和嘉監督 谷村美月主演)
第9位 アウトレイジ (北野 武監督 ビートたけし主演)
第10位 カラフル (原 恵一監督 アニメーション)

★2010年度日本映画プロフェッショナル大賞 個人賞
作 品 賞   川の底からこんにちは
         (制作=PFFパートナーズ ぴあ/TBS/TOKYO FM/IMAGICA/
              エイベックス・エンタテインメント/USEN)
監 督 賞    瀬々敬久 (「へヴンズ ストーリー」)
主演男優賞   高岡蒼甫 (「さんかく」)
主演女優賞   内田有紀 (「ばかもの」)
新人監督賞   真利子哲也 (「イエローキッド」)
新人奨励賞   高良健吾(「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」)
新人奨励賞   水原希子(「ノルウェイの森」)
特 別 賞    黒澤 満 (長年の功績に対して)

 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト
 [日プロ大賞20回記念「軽蔑」チャリティー特別試写会

2011年05月15日

日本映画プロフェッショナル大賞 第20回記念 映画「軽蔑」チャリティー特別試写会

このたびの東日本大震災により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
日本映画プロフェッショナル大賞(略称・日プロ大賞)は、今年で第20回目の節目を迎えるにあたり、通年行われる特別上映会&授賞式イベントに代えて、映画「軽蔑」のチャリティー特別試写会を実施する運びとなりました。

日プロ大賞は、健闘しながらも諸々の理由で過小評価された作品・スタッフ・出演者らにスポットを当てようと意図された、映画ファンのための特別イベント(財団やNPOでもない一個人が主宰する世界唯一の映画賞)です。現役プロデューサー、脚本家、評論家、配給・宣伝・興行関係者たちがベスト10を選出(今回は、報知映画賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールの各受賞作品・個人賞以外から選出)。「軽蔑」の主演者・高良健吾は、昨年の目ざましい活躍ぶりにより、第20回日プロ大賞新人奨励賞受賞が決定しております。
本年度は通年の特別上映会を、日プロ大賞特選の映画「軽蔑」無料試写会という形で行ない、劇場(角川シネマ新宿)内に義援金箱を設置し、東日本大震災で被災された方々への義援金を募らせていただきたいと思います。福島県郡山出身である廣木隆一監督にも来館いただき、上映終了後にはダブル主演の高良健吾(予定)、鈴木 杏(予定)を交えたティーチインも行ないます。
日プロ大賞は、本試写会への参加を各媒体で募っておりますので、このチャリティー企画の主旨に賛同いただける方はぜひ奮ってご応募ください。

軽蔑

☆日本映画プロフェッショナル大賞 第20回記念
 映画「軽蔑」チャリティー特別試写会
▽日時=5月31日(火)開場=18:50 / 開映=19:15
▽会場=角川シネマ新宿(新宿3丁目・伊勢丹本館向い)
▽監督・キャストによるティーチインあり
 終映後21:45〜ティーチイン / 22:15頃終了予定
▽上映作品=「軽蔑」(2011年6月4日公開 / 135分)
 監督:廣木隆一 / 原作:中上健次「軽蔑」(角川文庫刊) / 脚本:奥寺佐渡子
 出演:高良健吾、鈴木 杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、緑魔子、小林薫 他
▽ティーチイン参加者=廣木隆一監督
           高良健吾(予定)
           鈴木 杏(予定)
           大高宏雄(映画ジャーナリスト、司会)
▽応募方法
1.ツイッターで日プロ大賞のアカウント( @nichipro )をフォローした上で、ハッシュタグ #nichipro を付けてこのアカウント宛に「日プロ軽蔑」とツイートしてください。(※ハッシュタグの前後は必ず半角スペースを空けてください)
2.ツイッターでは抽選で25組50名様をご招待します。当選された方へはDMにてご通知いたしますので、住所・氏名・年齢をDMにて返送していただければ、試写状を郵送いたします。
3.ツイッターをやらない方や、使い方がよくわからない方は、「映画.com」でも試写会の応募を受け付けております。件名「日プロ軽蔑」で nichipro@yahoo.co.jp 宛まで、「住所・氏名・年齢」をメールしてください。こちらの枠は50組100名様となります。当選発表は試写状の発送をもってかえさせていただきます。
▽締め切り=5月20日(金)24:00まで
 ツイッターとメールでの募集は終了しました。
 たくさんのご応募ありがとうございました!

 [映画.comニュース
 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト



【映画「軽蔑」について】
この世に軽蔑されても、愛さずにはいられない―
芥川賞作家・中上健次 反逆の愛の寓話を、初映画化!
恋愛映画の名手 廣木隆一監督(「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」)
今最高に旬な国民的演技派俳優 高良健吾×鈴木杏による奇跡のコラボレーション

日本映画史上に燦然と輝く傑作群の生みの親としても知られる小説家・中上健次。1992年に46歳で夭折した彼の最後の長編が、ついに映画化。メガホンをとったのは、「ヴァイブレータ」で世界中の映画祭にて評価され、「余命1ヶ月の花嫁」で日本中を涙で包んだ廣木隆一監督。主演は第23回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎新人賞を受賞、映画・ドラマ・舞台に引っ張りだこの高良健吾と、数々の映画や舞台で子役時代から天才的な演技力を発揮してきた鈴木杏。若く才能溢れる2人が、体当たりで本格ラブストーリーに挑む―。この獰猛でピュアな愛の寓話こそ、行き場を失った今の時代に通じる、中上健次からの挑発的なメッセージである。

 [映画『軽蔑』公式サイト

軽蔑 (角川文庫) [文庫] 軽蔑 (角川文庫)
中上健次(著)(2011/03/25)
角川書店 サイズ:14.8cm / 462P
ISBNコード:9784041456125
amazonで購入する