2009年12月19日

日プロ大賞が「映画の賞事典」に掲載

映画に関する受賞情報を一覧できる「映画の賞事典」が日外アソシエーツから刊行されました。
この本には、日本国内及び海外で主催される映画賞・映画祭・コンクールなどについて、各賞の概要(主催者、設立の経緯、選考基準、選考委員など)と第1回以来歴代の全受賞者情報が掲載されています。
映像技術賞、キネマ旬報ベスト・テン、東京国際映画祭、毎日映画コンクール、英国アカデミー賞、MTVムービー・アウォーズ、ヨーロッパ映画賞など101賞を収録。個人の受賞歴がわかる「受賞者名索引」付き。
もちろん日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)も、第18回目までの受賞記録が掲載されています。700ページ以上もあるこんなぶ厚い本が、毎年刊行されるのかどうか分かりませんが、発行元の日外アソシエーツはデータベース・コンテンツを販売する会社なので、後はWEBでどうぞということなのでしょう。
日外アソシエーツのホームページを見ると、[賞の事典ファイル]というのがあって、中には事業仕分け対象団体の賞もあるのかも知れませんが、賞の数が多いのには驚かされます。その中で主催者が個人になっているのは、個人の名を冠した賞を除くと本当に少なくて、“映画賞を一人で作った”日プロ大賞の特異性がここにも現れています。
ちなみに、「映画の賞事典」の発行者、日外アソシエーツの社長・大高利夫氏と大高宏雄は全く血縁関係がありません。

映画の賞事典 (単行本) 映画の賞事典
日外アソシエーツ (編) (2009/12/25)
日外アソシエーツ刊 サイズ:22cm / 720P
ISBNコード:9784816922237
amazonで購入する


 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト