2011年05月31日

第20回日本映画プロフェッショナル大賞決定

第20回日本映画プロフェッショナル大賞(日プロ大賞)の個人賞、及びベストテンが決定しました。今回は、報知映画賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールの各受賞作品、個人賞以外から選出。
第20回は授賞式イベントは行いませんが、第20回記念として映画『軽蔑』のチャリティー特別試写会を角川シネマ新宿にて開催することでこれに代えさせていただきます。
廣木隆一監督と主演俳優によるティーチインあり!


川の底からこんにちは

★2010年度日本映画プロフェッショナル大賞 ベスト10
第1位 川の底からこんにちは (石井裕也監督 満島ひかり主演)
第2位 へヴンズ ストーリー (瀬々敬久監督 寉岡萌希主演)
第3位 ヒーローショー (井筒和幸監督 後藤淳平主演)
第4位 ゲゲゲの女房 (鈴木卓爾監督 吹石一恵主演)
第5位 春との旅 (小林政広監督 仲代達矢主演)
第6位 イエローキッド (真利子哲也監督 遠藤要主演)
第7位 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (大森立嗣監督 松田翔太主演)
第8位 海炭市叙景 (熊切和嘉監督 谷村美月主演)
第9位 アウトレイジ (北野 武監督 ビートたけし主演)
第10位 カラフル (原 恵一監督 アニメーション)

★2010年度日本映画プロフェッショナル大賞 個人賞
作 品 賞   川の底からこんにちは
         (制作=PFFパートナーズ ぴあ/TBS/TOKYO FM/IMAGICA/
              エイベックス・エンタテインメント/USEN)
監 督 賞    瀬々敬久 (「へヴンズ ストーリー」)
主演男優賞   高岡蒼甫 (「さんかく」)
主演女優賞   内田有紀 (「ばかもの」)
新人監督賞   真利子哲也 (「イエローキッド」)
新人奨励賞   高良健吾(「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」)
新人奨励賞   水原希子(「ノルウェイの森」)
特 別 賞    黒澤 満 (長年の功績に対して)

 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト
 [日プロ大賞20回記念「軽蔑」チャリティー特別試写会

2011年05月15日

日本映画プロフェッショナル大賞 第20回記念 映画「軽蔑」チャリティー特別試写会

このたびの東日本大震災により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
日本映画プロフェッショナル大賞(略称・日プロ大賞)は、今年で第20回目の節目を迎えるにあたり、通年行われる特別上映会&授賞式イベントに代えて、映画「軽蔑」のチャリティー特別試写会を実施する運びとなりました。

日プロ大賞は、健闘しながらも諸々の理由で過小評価された作品・スタッフ・出演者らにスポットを当てようと意図された、映画ファンのための特別イベント(財団やNPOでもない一個人が主宰する世界唯一の映画賞)です。現役プロデューサー、脚本家、評論家、配給・宣伝・興行関係者たちがベスト10を選出(今回は、報知映画賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールの各受賞作品・個人賞以外から選出)。「軽蔑」の主演者・高良健吾は、昨年の目ざましい活躍ぶりにより、第20回日プロ大賞新人奨励賞受賞が決定しております。
本年度は通年の特別上映会を、日プロ大賞特選の映画「軽蔑」無料試写会という形で行ない、劇場(角川シネマ新宿)内に義援金箱を設置し、東日本大震災で被災された方々への義援金を募らせていただきたいと思います。福島県郡山出身である廣木隆一監督にも来館いただき、上映終了後にはダブル主演の高良健吾(予定)、鈴木 杏(予定)を交えたティーチインも行ないます。
日プロ大賞は、本試写会への参加を各媒体で募っておりますので、このチャリティー企画の主旨に賛同いただける方はぜひ奮ってご応募ください。

軽蔑

☆日本映画プロフェッショナル大賞 第20回記念
 映画「軽蔑」チャリティー特別試写会
▽日時=5月31日(火)開場=18:50 / 開映=19:15
▽会場=角川シネマ新宿(新宿3丁目・伊勢丹本館向い)
▽監督・キャストによるティーチインあり
 終映後21:45〜ティーチイン / 22:15頃終了予定
▽上映作品=「軽蔑」(2011年6月4日公開 / 135分)
 監督:廣木隆一 / 原作:中上健次「軽蔑」(角川文庫刊) / 脚本:奥寺佐渡子
 出演:高良健吾、鈴木 杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、緑魔子、小林薫 他
▽ティーチイン参加者=廣木隆一監督
           高良健吾(予定)
           鈴木 杏(予定)
           大高宏雄(映画ジャーナリスト、司会)
▽応募方法
1.ツイッターで日プロ大賞のアカウント( @nichipro )をフォローした上で、ハッシュタグ #nichipro を付けてこのアカウント宛に「日プロ軽蔑」とツイートしてください。(※ハッシュタグの前後は必ず半角スペースを空けてください)
2.ツイッターでは抽選で25組50名様をご招待します。当選された方へはDMにてご通知いたしますので、住所・氏名・年齢をDMにて返送していただければ、試写状を郵送いたします。
3.ツイッターをやらない方や、使い方がよくわからない方は、「映画.com」でも試写会の応募を受け付けております。件名「日プロ軽蔑」で nichipro@yahoo.co.jp 宛まで、「住所・氏名・年齢」をメールしてください。こちらの枠は50組100名様となります。当選発表は試写状の発送をもってかえさせていただきます。
▽締め切り=5月20日(金)24:00まで
 ツイッターとメールでの募集は終了しました。
 たくさんのご応募ありがとうございました!

 [映画.comニュース
 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト



【映画「軽蔑」について】
この世に軽蔑されても、愛さずにはいられない―
芥川賞作家・中上健次 反逆の愛の寓話を、初映画化!
恋愛映画の名手 廣木隆一監督(「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」)
今最高に旬な国民的演技派俳優 高良健吾×鈴木杏による奇跡のコラボレーション

日本映画史上に燦然と輝く傑作群の生みの親としても知られる小説家・中上健次。1992年に46歳で夭折した彼の最後の長編が、ついに映画化。メガホンをとったのは、「ヴァイブレータ」で世界中の映画祭にて評価され、「余命1ヶ月の花嫁」で日本中を涙で包んだ廣木隆一監督。主演は第23回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎新人賞を受賞、映画・ドラマ・舞台に引っ張りだこの高良健吾と、数々の映画や舞台で子役時代から天才的な演技力を発揮してきた鈴木杏。若く才能溢れる2人が、体当たりで本格ラブストーリーに挑む―。この獰猛でピュアな愛の寓話こそ、行き場を失った今の時代に通じる、中上健次からの挑発的なメッセージである。

 [映画『軽蔑』公式サイト

軽蔑 (角川文庫) [文庫] 軽蔑 (角川文庫)
中上健次(著)(2011/03/25)
角川書店 サイズ:14.8cm / 462P
ISBNコード:9784041456125
amazonで購入する

2011年05月14日

TBSラジオ「ニュース探究ラジオ Dig」に大高宏雄が出演

5月13日放送のTBSラジオの情報番組「ニュース探究ラジオ Dig」(司会:大根仁・水野真裕美)にキネマ旬報映画総合研究所の掛尾良夫さんと大高宏雄がゲスト出演しました。
今回のテーマは“仁義なき戦い!?日本映画の今、そして未来!”。映画「仁義なき戦い」などで知られる東映の、先日亡くなられた岡田茂 名誉会長が日本映画界に与えた影響や、日本映画界の現状と展望等々、主に興行面からトークが展開されました。

仁義なき映画列伝 仁義なき映画列伝
大高宏雄(編・著)(2007/09)
鹿砦社 サイズ:20.8cm / 247P
ISBNコード:9784846306366
amazonで購入する


 [ニュース探究ラジオ Dig
 [キネマ旬報映画総合研究所
 [日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト